サイト運用から顧客体験管理までCXM・CMSのHeartCoreシリーズ

ダイナミックイメージング

デジタル・チャネルを構成するコンテンツで一番大切なモノ - クリエイティブ

Webのテクノロジーは、HeartCoreをはじめとしたCMSの普及やレスポンシブウェブデザインの登場で近年著しく進化しているのに対し、クリエイティブの取扱いに関してはレガシーな手法が今なお一般的です。 ショッピングサイトなどクリエイティブがキーとなる環境では、同じ商品でも色や柄が異なれば異なる画像を用意したり、異なる表示箇所やデバイス向けにサムネイル画像を別途用意する必要があったりと、膨大な数のイメージファイルをいかに効率的に管理するかが、長年の共通課題となっていました。

ダイナミック・イメージングを使用することで、撮影コストの削減や反映時間の短縮、ストレージスペースの縮小など、管理側のメリットはもちろん、閲覧デバイス毎の画像最適化や、訪問者ごとの画像パーソナライズなど、斬新な体験を提供できます。

多種端末に最適化した画像自動生成機能に加えて、
画像に文字情報を埋め込むパーソナライズも可能にするテクノロジーです。

Eコマースが生まれ変わる

オンラインでのユーザー操作に応じたリアルタイムの画像カスタマイズや、ズームや回転といった双方向のリッチな画像ビューも可能にします。 特にショッピングサイトでは、オーダーメイドも含めたあらゆる商品の可視化が実現されるため、抜群の導入効果が得られます。管理側のメリットはもちろん、閲覧デバイス毎の画像最適化や、訪問者ごとの画像パーソナライズなど、斬新な体験を提供できます。

インタラクティブなイメージ操作

以下の各デモページでは、ダイナミックイメージのインタラクティブなイメージ生成やビューアー機能を操作していただけます。このリアルタイム且つ双方向の操作により、Eコマースでは斬新なショッピング体験が提供されます。オーダーメイドも含めたあらゆる商品の可視化が実現されるため、抜群の導入効果が期待できます。

  • デザインカスタマイズ

    デザインカスタマイズイメージ

    名入れ、カラー選択、ロゴ焼き付けなど、カスタム商品やインテリアのバーチャルショールーム展開に。

    デモを見る

  • オーダーメイド

    オーダーメイドイメージ

    刻印、素材選択など、贈り物のオンライン受注やウェブカタログへの掲載に。

    デモを見る

  • リサイズ

    リサイズイメージ

    サイズ変更、フォーマット変更など、モバイル端末やサムネイル用に最適化された画像の生成に。

    デモを見る

  • 拡大鏡

    拡大鏡イメージ

    家具など実寸が大きな商品のディテール確認に。

    デモを見る

  • ズーム

    ズームイメージ

    デザインが複雑な商品のディテール確認に。

    デモを見る

  • 回転

    回転イメージ

    水平や垂直、360度、あらゆる角度からの商品確認に。

    デモを見る

双方向のショッピング体験により、顧客転換率の向上や返品率の低下が見込める上、何よりも顧客満足度が増し、リピーター等のロイヤルカスタマー育成に繋がります。管理面でのメリットも大きく、これまで商品 1 つひとつ用意していた写真の撮影コストや ストレージスペースを大幅に削減することができます。サイト反映までのプロセスを効率化 することで、より重要な作業に時間を割けるようになります。

ビジュアル最適化

テキストコンテンツの動的配信は既に多くのサイトで行われておりますが、画像の中身も変化させ、最適化することが可能です。視覚に訴える画像は、絶大な効果を生みます。 画像を動的に変化させることで、次のような施策が実施できるようになります。

その 1. ターゲティング画像ー関連性を高める広告

バナー画像は、自サイトや別ページへ誘導する有効な手法として広く普及しており、Web上の広告として大きな役割を担っています。単なるテキストリンクと異なり、画像として表示されることで、その視認性は大幅にアップします。しかしながら、目に飛び込んだとしても、自分と関連性の低い内容のものをクリックする人はほとんどいません。ここで重要なのは、関連性が低いかどうかを判断するのは、各自の直感だということです。ここでも、「1、2 秒」の壁が存在します。

ターゲティング画像-関連性を高める広告

誰に対しても「自分との関連性」を認識させることが可能となり、掲載効果の促進に大きく貢献します。

その 2. パーソナライズ画像ーおもてなしメルマガ

ソーシャルメディアやWebアプリケーションの利用が盛んな今でも、Eメールは、One to Oneの主要なマーケティングチャネルとして活用されています。しかしながら、チャネルの多様化と共に、効果を得ることが難しくなってきているのも事実で、目を通してもらうための施策が不可欠となっています。最近では、Outlook等のメールソフトやGmail等のメールサービスも整備が進み、HTML形式のメルマガやニュースレターが頻繁に配信されるようになりました。Webページと同じように、画像やスタイルを駆使して視認性を高めることで、直感的にメールの内容を読み取ってもらえる、というのが最大の魅力です。

パーソナライズ画像-おもてなしメルマガ

パーソナライズ画像により、メールの訴求力が躍的に高まり、クリックスルー率の大幅な 増加が期待できます。

その 3. カウントダウン画像 - 個人型タイムキャンペーン

期間を限定したタイムセールやタイムキャンペーンは、時間的な制約を設けることで、「今のうちに買っておこう」「お得なうちに申し込もう」という意識識が働くため、流流通業をはじめとした多くの企業で実施されています。 特に、Webから24時間いつでも受け付けが可能となった今では、深夜でもタイムキャンペーンを継続できるため、昼間忙しい寝る前スマホ族なども新たなリーチ層として取り込めるようになり、活性化が進んでいます。 こうしたタイムキャンペーンは、固定の期間(例えば、3月10日9:00~3月12日0:00)を全対象者に対して設けることが一般的ですが、その場合、キャンペーンの存在を知ったタイミングによって個々に与えられる時間に差が生じます。メールやSNSで通知したとしても、それを いつ確認するかは本人次第であり、タイミングによっては、購買意欲のある人を取りこぼしてしまう可能性があります。 それを解消するのが個人型のタイムキャンペーンです。例えば、Webへの初回訪問時から10時間といった、個々に平等な時間を持たせる方法です。 この持ち時間を、経過と共に「残り9時間」「残り1時間」とカウントダウンし、アクセスする度に画像として見せることで、時間的なリミットが最大限に意識付けされます。

カウントダウン画像-個人型タイムキャンペーン

購買意欲を視覚的に煽ることで、 タイムキャンペーンの効果最大化が実現されます。

その 4. バリエーション画像ー生産性に優れた A/Bテスト

コンバージョン率増加を図るため、Webページの最適なレイアウトやデザイン、キャッチコピ ー等を判断する手法として、A/B テストやマルチバリエイトテストが行われています。当然、テストには画像も含まれます。画像は、Web ページの優劣を左右する重要な要素のひとつです。しかしながら、見出しの文言やリンクの色を変更するのとは異なり、画像をテスト用に 複数パターン用意するには、デザイン会社等にわざわざ発注しなければならないため、テストか ら除外されてしまうケースも少なくありません。視覚に訴える画像こそ、コンバージョンに影響を与える大きな要因であり、逆に、画像を検証しないで得た結果を最良と判断するのは余りにも稚拙です。また、今日の最良が1か月後も最良である保証はなく、何がベストであるかはユーザー層の広が りや競合の動向など様々な外的要因によって変化するものです。さらに言うと、マルチチャネルにおけるエクスペリエンス最適化がますます重視される中、テスト対象となるのは決して1ペ ージや2ページではなく、行動履履歴やユーザー属性によって変動する幾つものパターンを検証 する必要があります。したがって、常にベストなサイト運用を目指すには、継続的かつ横断的なテスト施行が不可欠であり、そのために要する画像の数は相当数に及びます。従来の画像取扱い方法では手間やコストの面で限界がありますが、画像の動的化によって、1つのマスタ画像を用意するだけで、何百・何千というバリエーション画像をシステム側で生成することが可能となります。

デモページ

テスト実施における生産性を高めると共に、信頼性に優れた結果を得ることで、
確実なコンバージョン増加に繋がります。

ENGLISH

コンテンツメニュー

03-3493-5160