サイト運用から顧客体験管理までCXM・CMSのHeartCoreシリーズ

ヒートマップ

ユーザーの行動を可視化するヒートマップ

HeartCoreが提供するヒートマップ機能を使用すると、Webサイトに訪れたユーザーの行動を可視化することができます。マウスのクリックと、軌跡を可視化しユーザーがどの部分に興味があるのかを判別させます。
HeartCoreのヒートマップは、ユーザーのセグメント毎に表示させることか可能なので、属性毎にページ内の行動パターンを可視化できます。ページ遷移はGoogle Analyticsとの連携で、ユーザーのセグメント毎に可視化しています。

ヒートマップツールは沢山有りますが、すべてのユーザーのパターンしか確認ができません。つまり平均値しか分からないわけです。これでは意味がありません。 HeartCoreでは特定のユーザーの属性毎、例えば20代の女性の場合のページ内の行動パターンや、30代の男性の行動パターン、地域毎、例えば九州地域での行動パターン、北海道地域での行動パターンを可視化することが可能です。 これにより、どの年代の、どの地域の、どの企業のと言った、属性毎の訪問者の行動パターンの分析に使うことが可能です。
これが利用できるのは世界でもHeartCoreだけの機能です。

ヒートマップイメージ

WEBサイト運営側の意図どおりに想定したユーザーの興味を引き寄せられているか確認したり、注目度が低いと想定していた箇所が意外に関心を集めていると発見したり、サイトの強み弱みを可視化することで、ページレイアウトやサイト構成の見直しに役立てることができます。
この機能と、Google Analytics連携、Facebook Insights連携機能を使えば、ページ内の動向、ページ遷移の動向、ソーシャル内の動向のすべてが判別できます。
これができるのも、HeartCoreだけの機能です。

ENGLISH

コンテンツメニュー

03-6409-6966